憑依システム搭載RPG『クロスクロニクル』をプレイしてみた!

RPG
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

憑依システムと群像劇が魅力の期待の新作RPG


『クロスクロニクル』は2019年9月末にリリースされたばかりの期待の新作RPGです。

元々は韓国産のゲームで、あの『ドラゴンネスト』などで知られるOh Tae Hoon氏などによって設立されたFloppy Gamesの作品です。

ただし、韓国版そのままの内容ということではなく、ストーリー面の強化やシステム面の改善など、いろいろな面でパワーアップされての日本での配信開始となっています。

『クロスクロニクル』の大きな特徴は憑依システム群像劇なのですが、まずはどのような内容なのか、そのストーリーから見ていくことといたしましょう。

『クロスクロニクル』の世界では、遥かな昔、人と魔人との戦いが行なわれたとされています。

魔人は元々、この世界のものではなく、次元の亀裂からこの世界に侵入してきました。

魔人の尋常ならざる力の前に、人類の劣勢は火を見るよりも明らかだったのですが、そこで力を発揮したのが、狩人と呼ばれる特殊な術を使える者たちです。

彼らの活躍によって、いったん、世界は救われたのですが、ある日、忌まわしき次元の亀裂が再びこの世に姿を現したのです。

果たして亀裂の再来の先に待つものとは――!?

というのがゲームスタート時の概略ですが、ここからも分かるように、このゲームでは魔人と呼ばれる存在が大きなウエートを占めています。

憑依システムも魔人たちの存在があってこそのもの、そして魔人と人のからみから生まれる群像劇もストーリー上の大きな魅力となっています。

魔人が人に憑依する! 人魔一体のバトルシステムとは!?

『クロスクロニクル』の大きな売りのひとつとなっているのが、バトルの際に登場する憑依システムです。そのため『クロスクロニクル』「憑依一体型RPG」とも呼ばれているほどです。

では憑依システムとは具体的にどのようなものなのか、見ていくことといたしましょう。

憑依システムとは、ゲームのシステム的に言いますと、人間に魔人を憑依させることで大幅なパワーアップなどを図れる、というものです。

ちなみにゲームの世界観での設定としましては、「魔人によってその力を認められた者は、魔人から力を貸してもらうことができる」というものがあります。そこから発展させることで「自らの体に魔人を憑依させて、その力と能力を得られるようになった」のが、憑依システムというわけです。

憑依システムではただ機械的にパワーアップがなされるわけではなく、人と魔人の絆の強さによってパワーアップの度合いも変化します。

また、特定の組み合わせで憑依させることで特殊効果を発揮することもできます。

憑依システムでは、「魔人が人間に憑依する」というのが一般的な形ですが、クロストレーニングと呼ばれる特殊な訓練を行なえば、「人間が魔人に憑依する」ということも可能です。

通常とは逆の組み合わせが可能になりますので、その分、バトルの際の選択肢が増えることになります。その結果、戦略性がさらに高まり、奥深いバトルが期待できるというわけです。

クロストレーニングとは?

クロストレーニングを行うことで、狩人/式神両方で使用できるようになります。

クロストレーニングを行うには、魔人学を消費して行うことができます。

但し、クロストレーニングには、成功確率が存在し、失敗する可能性もあります。

充実の時短要素とやり込み要素

前項では憑依システムを中心としたバトルシステムについてご説明しましたが、『クロスクロニクル』ではバトルにあまり時間や手間をかけられない方のための時短要素も充実しています。

まず、そもそもの前提としまして、バトルモードを自動戦闘マニュアル2種類から選ぶことができます。

細かなことを考えずに快適にバトルしたいという方は自動戦闘にしてフルオートで戦うことができますし、戦略を考えながら細かく自分で指示を出したいという方はマニュアル操作を選んで、バトルに関する全ての操作を自分で仕切ることが可能です。

また、バトルモードの設定以外に、倍速バトルも可能です。バトルにあまり時間をかけられないという方や、ちょっとだけ空いた時間にサクッとバトルしたいという方におすすめです。

ちなみに、素材の収集やレベル上げが面倒くさいという方には、オート周回機能が用意されています。しかも、周回数も設定可能ですから、かなり便利に活用できそうです。

『クロスクロニクル』には以上のような時短要素以外にも、魔獣討伐等の戦闘コンテンツや、対人戦が楽しめるアリーナ、さらには他のプレイヤーと連合を組むこともできるなど、さまざまなやり込み要素が用意されており、いろいろな形で楽しめるゲームとなっています。

登場キャラクター達のキャストに起用される声優陣たちにも注目!

主人公 石川界人

ルーシー 瀬戸麻沙美

炎児 山下大輝

覇王 細谷佳正

マリー 田中美海

まとめ

事前登録をして、楽しみにしてました!操作も簡単ですし、なによりガイドがしっかりしているのですぐに慣れました。

ゲームは良く作り込まれていると思います。リセマラも冒頭で、何度でも引き直し可能です。

ただ、すこしガチャの確率が低いかなぁと思います。

自動戦闘がありがたいのと、キャラのかわいさにテンションあがります!

低レアでも★5まで育てられるみたいで、ストーリー読み進めたいけど途中から結構敵が強くなる印象で、サポーターシステムめっちゃ助かってます。

個人的にはゆっくり楽しんでいこうかと思ってます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました