プリンセスコネクト!Re:Diveに新たな冒険の幕が上がる!!

RPG
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

美少女ヒロインたちが人気のソーシャルゲーム第2弾!

『プリンセスコネクト!Re:Dive』は、美少女ヒロインたちが人気を博したソーシャルゲーム『プリンセスコネクト!』の続編にあたります。気になるジャンルは、アニメRPGとなっています。

その名の通り、アニメーションが多用されている作品で、2016年7月に配信終了した前作の後を受けて、2018年2月からサービスが開始されました。

いわゆる続編と呼ばれる作品の中には、前作との関係があまり無いものもありますが、『プリンセスコネクト!Re:Dive』は、そうではありません。

ゲーム内に前作のヒロインたちが全員登場する上、主人公もどうやら前作と関わりが深いらしいのです。

ちなみに、関わりが深いらしい……、と微妙な書き方をしたのには理由があります。

『プリンセスコネクト!Re:Dive』の主人公は、ゲームが始まった時点で、なんと記憶喪失になっているのです。

どうも前作の主人公と同一人物っぽいのですが、確証はありません。

そんな主人公がさまざまな仲間と出会いながら生きていくことになるのですが、やがてある事件に巻き込まれたことから、その運命が大きく変わり始める……、というのが大まかなストーリーの流れになっています。

ちびキャラたちが活躍する熱いバトル!

『プリンセスコネクト!Re:Dive』の大きな魅力のひとつは、なんといっても美少女ヒロインたちです。アイドル育成ゲームかと思うほどの美少女たちが合計50名以上、しかもフルボイスでしゃべってくれるというのですから、たまりません。

そんな美少女ヒロインたちは、ストーリーだけでなく、バトルでも活躍してくれます。

本作のバトルでは、最大5名までのキャラクターを選択してバトルに参加させることができるのですが、通常のアタックの時はデフォルメされたちびキャラ姿、必殺技発動時にはリアルな頭身のアニメーションが挿入されるという迫力の作りになっています。

なお、バトルの際には前衛・中衛・後衛といった配置がありますが、キャラによって固定されていますので、こまめに配置を変えなくてはならないといったことはありません。戦略にこだわる方には不満なところかも知れませんが、美少女たちとのストーリーをメインに楽しみたいという場合には手間が省けて便利とも言えます。

また、バトル時の操作に関しましては、通常のアタックはオートで、必殺技にあたるユニオンバーストのみ、プレイヤーが発動することになっています。しかし、これもAUTOモードを選択すればプレイヤーが操作する必要はありませんので、ストーリー派の方にも優しい作りのバトルシステムとなっています。

なお、ヒロインたちの中には期間限定のストーリーイベントでしか手に入れることができないキャラも存在しますので、気になる方はイベントの内容をこまめにチェックしておきましょう。

ちなみに『プリンセスコネクト!Re:Dive』には、バトルやストーリー以外にも、ギルドハウスファンキットといったお楽しみ要素があります。

このうち、ギルドハウスとは、女の子たちと一緒に時間を過ごすことができる屋敷のことです。ちびキャラたちがちょこまかと動き回る姿は見ているだけでも楽しいものがあります。

もうひとつのファンキットでは、壁紙やTwitter用アイコンなどを入手することができます。ちなみに壁紙はPC用、iPhone用、Android用、Twitter用カバーの4種類が用意されているという充実ぶりです。

もちろん著作物にあたりますので、公式サイトの注意書きをよく読んだ上で利用するようにしましょう。

実は豪華な実力派スタッフ

美少女ヒロインたちの魅力の陰に隠れてしまいがちですが、本作の特徴のひとつは、スタッフがなかなか豪華なことです。

メインシナリオを担当しているのは、ライトノベルや一般文芸、マンガ・ゲームの原作まで幅広く活動している日日日(あきら)です。ゲーム原作としては、本作の他に『あんさんぶるスターズ!』などを担当されています。

ちなみに本作は、シナリオの総ボリュームが70万字以上と言われています。かなりの大ボリュームと言えますから、ストーリー面を重視されている方にもオススメです。

一方、メインテーマの作曲を担当しているのは、1980年代ごろからアニメ、ゲーム、特撮などの楽曲を数多く担当してきた田中公平です。中でも『サクラ大戦』シリーズや『勇者王ガオガイガー』『ONE PIECE』のOPテーマ『ウィーアー!』などは有名です。

また、本作で多用されるアニメーションの制作を担当しているのは、『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』『ヴィンランド・サガ』などで知られるWIT STUDIOですから、クオリティー的にも期待ができます。

アストルムで出会う美少女キャラクターたち

ペコリーヌ(CV:M・A・O)
コッコロ(CV:伊藤美来)
キャル(CV:立花理香)
ユイ(CV:種田梨沙)
ヒヨリ(CV:東山奈央)
レイ(CV:早見沙織)
ハツネ(CV:大橋彩香)
ミヤコ(CV:雨宮天)
マホ(CV:内田真礼)

ほかにも、総勢50人以上の女の子があなたを待っています!

まとめ

なんといってもストーリーフルボイスがいいですよね! 色々なアプリをやってきたけれど、全体的に高水準にまとまっていると感じました。

時間をかけてやっていけば、キャラも限定以外なら手に入れることが出来るし、いいアプリだと思います。

ストーリーもよく、グラフィックもよい。それでいて戦闘はオートや倍速が出来て楽ですね!

リリース当初と比べてあらゆる面で向上が見られ、非常にストレスなく毎日楽しくプレイ出来ています。

イベント一つ一つもかなりクオリティーが高く、ソーシャルゲームとは思えないほどのボリュームなので毎日楽しくやれる。

かわいいキャラをのんびり育成するRPGです。合う人にはとことん合うゲームです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました